うま速@競馬まとめブログ

No.1競馬まとめサイト! サクサク読める競馬の最新情報をまとめています。 馬券、一口、POGなど競馬に関するさまざまな話題を毎日更新!

競馬最新ニュース

うま速からのご連絡

相互リンク希望は随時受付中です❤

問い合わせからお願い致します📩

各記事へコメントありがとうございます👍

うま速と一緒に競馬を楽しんでいきましょう🐴

投稿日:

種牡馬・繁殖牝馬

【競馬】ノーザンテースト(11年連続リーディングサイヤー)、産駒G1勝利数計10勝←これ

                                   
0
1 : 名無しさん ID:sICLiyG80
今と比べてG1が少なかった時代とは言え、いくら何でも少なすぎないか?

 

2 : 名無しさん ID:vtUd/arQ0
猫と仲が良かった印象しかない

 

3 : 名無しさん ID:DMImBSzr0
昔は今みたいに200も付けない時代だったから産駒数がダンチ

 

4 : 名無しさん ID:WWySPkkc0
ダイナカールは入ってるんか?

 

5 : 名無しさん ID:AmjLhseP0
ノーザンテーストって年間60頭くらいしか種付けしてないんやで。100頭なんてサンデーの時代に初めて超えた。

 

13 : 名無しさん ID:y8e3ZQk00

>>5
昔から100頭以上付けるのもいたことはいた
でもリーディング級の種牡馬は60や70程度のが多かったな

そのサンデーサイレンスも、そして同じ社台のジェイドロバリーや
ヘクタープロテクターなんかの超期待の新種牡馬(当時)も
最初は80ぐらいだったんだよな
90年代半ばぐらいからは100以上が当たり前になったが

 

6 : 名無しさん ID:vtUd/arQ0
いま60頭くらいってどいつ?

 

7 : 名無しさん ID:trhM38C40
馬なりでも小銭稼ぎの仕事を数こなしてるみたいな描かれ方してたな

 

8 : 名無しさん ID:LjgReFuz0
ダイナアクトレスは牝馬路線、短距離路線が整備されてたらG1を3勝はできた

 

9 : 名無しさん ID:DDM5RVj90
ディープと一緒
違いは1年間の産駒の数の違いだけ

 

10 : 名無しさん ID:DMImBSzr0
他の種牡馬も多くて50かそこらだからね
全然今とは時代が違うんだよ

 

11 : 名無しさん ID:4iyPn83U0
ヒンドスタン 八大競走19勝+宝塚3勝
ノーザンテースト 八大競走+安田記念 10勝
うーん

 

16 : 名無しさん ID:y8e3ZQk00
>>11
まあノーザンテーストはヒンドスタンよりライジングフレームに
近いタイプのような気もする

 

20 : 名無しさん ID:c8elQe5C0
>>11
ヒンドスタンとか60年代以前のサラ生産規模が1000~3000頭の時代とはまた違うからなぁ

 

12 : 名無しさん ID:7muo7+ls0
EIや勝ち馬率みたいな指標じゃないと違う世代同士の種牡馬の比較はしにくくない?

 

14 : 名無しさん ID:FyP2/gJP0
今じゃなくて当時やさらに前の時代と比べてもそんなに抜けてるわけじゃない

 

競馬最新ニュース




















 

15 : 名無しさん ID:DMImBSzr0
NT産駒は三度変わるだっけ?
この言葉からわかる事、NTの強みは成長力、つまり早熟ではなく寧ろ晩成だったという事ね
全く今とは違うよね

 

17 : 名無しさん ID:g91uuBXR0
海外にもG1勝利なしでリーディングとかいるしな

 

18 : 名無しさん ID:trhM38C40
そのおかげで傍流にも食い込む余地があったとも言える
その辺が種牡馬入りした頃からはもう敵が強すぎて勝負にならんかったけども

 

21 : 名無しさん ID:4iyPn83U0
>>18
種付け頭数が13000で、トップ種牡馬でも70頭位しか集めないから、相当種牡馬の頭数が多かったんだろうなと

 

23 : 名無しさん ID:+eZwABJr0

>>21
その当時と今の中央登録数は約4500頭でほぼ同じ、つまり

今は7000頭生産して4500頭が中央に来る
その当時は13000頭生産して4500頭が中央に来る

地方に行く8500頭分の需要はそんなトップ種牡馬には無い
つまりそれだけ裾野が広がっていてショボ種牡馬にも需要があったということ

 

19 : 名無しさん ID:0HKE6yKm0
当時は社台が育成も日高と大差なく外厩の優位性もない状態だしな

 

22 : 名無しさん ID:gqxA8HrQ0

ノーザンテースト産駒のG1馬

ダイナガリバー(日本ダービー、有馬記念)
アンバーシャダイ(有馬記念、天皇賞(春))
ギャロップダイナ(天皇賞(秋)、安田記念)
シャダイアイバー(オークス)
ダイナカール(オークス)
アドラーブル(オークス)
シャダイソフィア(桜花賞)

 

24 : 名無しさん ID:DyxhEe6Y0
代表産駒一覧改めて見て
え、こんなしょぼいの?って思った
TB、BT、サンデーから時代が変わったな

 

25 : 名無しさん ID:DMImBSzr0
有力種牡馬寡占状態の時代と無名種牡馬にも十分チャンスがあった時代
その違いだよ

 

26 : 名無しさん ID:ds8cUOoJ0
種付け数もそうだけど昔はG1の数も少なかったし。

 

27 : 名無しさん ID:ma1isFc20
色んな種牡馬にチャンスが有って面白い時代だったな

 

28 : 名無しさん ID:O+JRyUJR0
種付数が年間70頭くらいだしな
今の1/3くらいしかつけてない

 

29 : 名無しさん ID:DMImBSzr0
物事を表面だけでとらえて腐そうとする奴にはエサはやらないよ

 

30 : 名無しさん ID:BO2KCs0A0

 

引用元: http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1563674483/

『【競馬】ノーザンテースト(11年連続リーディングサイヤー)、産駒G1勝利数計10勝←これ』のコメント一覧

  1. うま名無し 2019/07/25(木) 09:06:19 ID:915b7806d 返信

    社台は売ってナンボってところもあったしね。超大物が一頭二頭で大半ゴミより超大物は期待薄でも概ねみんなそこそこ走る方が馬主受けがいいでしょ

コメントをどうぞ

関連キーワード

『サンデーサイレンス』Twitter検索

近藤利一氏も時代を象徴する人だったな。 アドマイヤベガ、アドマイヤグルーヴ、良血牝馬とサンデーサイレンスの配合馬が象徴的だし、アドマイヤムーンのように母父サンデーサイレンス産駒の時代の活躍馬の魁のような馬の名前があがる。 あとはやはり武豊の立ち位置を変えた人って印象があるな。

シャイニーズランを推した理由としては、そもそも京都競馬芝1200mで好走してる馬が短距離型サンデーサイレンス系と欧州型ミスタープロスペクター系ということ。あとは新馬戦ということで日本型の血統の仕上がりの早さを買ったわけですが…まさか勝つとは…笑 #京都競馬

【平成のダービー馬たち】1995.タヤスツヨシ:順調に勝ち上がり、ラジオたんぱ3歳Sを制したが、皐月賞はクビ差で2着。しかし、日本ダービーでは1番人気に応え、見事優勝。後に大種牡馬となるサンデーサイレンス産駒初のダービー制覇となった。

アグネスタキオン(父:サンデーサイレンス 母父:ロイヤルスキー 主な産駒:ダイワスカーレット、ディープスカイ) #keiba

No.052 ☆☆☆☆ 問題:ワカタカ、トクマサ、ヒサトモ、クモハタ、イエリユウ、クリフジと6頭の産駒がダービーを制しており、父としてのダービー最多勝記録をサンデーサイレンスとともに保持している馬は?

競馬ニュース




















SNSでコメントする

Copyright© うま速@競馬まとめブログ , 2019 All Rights Reserved.