うま速ニュース

投稿日:

競走能力は種牡馬よりも母馬からの影響が大きいと判明。父系が消えるかどうかは社台次第

0

 競馬まとめ/5chまとめ

競馬まとめ

競走能力は種牡馬よりも母馬からの影響が大きいと判明。父系が消えるかどうかは社台次第

0
1:2018/06/27(水) 02:48:08.42 ID:

2ヵ月前、パフォーマンスジェネティックス社(Performance Genetics)のバイロン・ロジャーズ(Byron Rogers)氏は、
最近発表された集団遺伝学に関する研究へのリンクを送信した。
中国と豪州の研究者チームは、競走能力は父馬より母馬の影響が大きいとする
統計分析結果を発表した。統計分析の偶然による結果なのだろうか?
あるいは、背景に科学的裏付けがあるのだろうか?

 論文『サラブレッド繁殖戦略における母系の潜在的役割(Potential role of maternal lineage in the Thoroughbred breeding strategy)』
(Xiang LiらReproduction Fertility and development誌 2015年5月発行)は、
出走1回当たりの獲得賞金を競走能力の指標とし、675頭の豪州馬の競走能力を順位づけた。
上位30%の競走馬を“エリートグループ”、残りの70%を“プアグループ”に分類した。

2:2018/06/27(水) 02:49:09.28 ID:

調査対象馬は、その両親に基づいて、次の4つのグループに区分された。

  エリート母馬/エリート父馬(Elite dam / Elite sire: EE)
  エリート母馬/プア父馬(Elite dam / Poor sire: EP)
  プア母馬/エリート父馬(Poor dam / Elite sire: PE)
  プア母馬/プア父馬(Elite dam / Poor sire: PP)

 結果は、EEグループが最上位、PEグループが最下位となった。意外にも、PPグループは最下位ではなかった。

 エリート母馬の産駒(EE・EP)が、統計的にはいずれも同じように優秀な結果を出した。
一方、エリート父馬の産駒(EE・PE)の結果が同じではないことは、興味深い。産駒への影響力は母馬の競走能力に、
より緊密に関係していることを示している。プア母馬の産駒(PE・PP)は、たとえ父馬がエリートでも全体的に下位である。

 この研究は、「競走能力に関しては、父系より母系からの遺伝性が大きく貢献しているかもしれない」と結論付けている。
http://www.jairs.jp/contents/w_news/2015/8/5.html

3:2018/06/27(水) 02:50:58.10 ID:

母系の影響力に関する今回の新しい研究は、競争が激しい種牡馬市場において、
僅かな種牡馬しか成功しない理由、将来有望とされる多くの種牡馬が精彩に欠けたり、
完全な失敗に終わる理由の説明に役立つかもしれない。

 また、有望視された種牡馬が、ステークス勝馬を5%しか出せないということを理解する一助となるだろう。
19%もステークス勝馬を出しているダンジグ(Danzig)は稀な例であるが、産駒の70%がステークス勝馬である
驚異的な繁殖牝馬ハシリ(Hasiliジャドモントファーム繋養)と比較してみて欲しい。
http://www.jairs.jp/contents/w_news/2015/8/5.html

つまりノーザンの有する優秀な牝馬のさじ加減で成功が決まる
言い換えれば
消えようとしているブライアンズタイム系とかも社台が本気出せば父系はつながるかもしれない

4:2018/06/27(水) 02:54:03.67 ID:

となるとますますレイデオロの種牡馬価値が高まるってことだな
5:2018/06/27(水) 02:59:34.49 ID:

遺伝要因と環境要因分離出来てんのかこれ?
エリート母馬の子の方が育成環境がいいだけとかいうオチじゃないの?
7:2018/06/27(水) 03:02:39.06 ID:

社台に繋養されていたが
外様扱いされていた
エルコンドルパサーとかタニノギムレットとかエイシンフラッシュも
社台が本気出していたら
成功、後継種牡馬も大成功てこともありえたかも
8:2018/06/27(水) 03:03:26.25 ID:

たしかにエアグルーヴは優秀
9:2018/06/27(水) 03:08:53.46 ID:

プア父馬っていっても種牡馬だから上位1%以内の名馬じゃん
母馬はピンキリだから相対的な格差が大きくて当然じゃねえか
うま速ニュース

エルコンドルパサー についてまとめ

10:2018/06/27(水) 03:09:05.83 ID:

母胎内で育つんだから少なくとも影響が半分以下ってことは絶対にありえないわな
どんな名種牡馬でも名牝のアベレージには全然かなわないんだし
12:2018/06/27(水) 03:18:14.37 ID:

>>10
そういうことじゃないと思うんだけどな
胎内なんてのは培養基に過ぎないよ

哺乳類って基本的にミトコンドリアは母からしか遺伝しないんだろ?優秀な牝系は優秀なミトコンドリアの系譜という面もあるってことなんじゃね?
名牝の娘は駄馬でも孫娘が名牝って事もよくあるしな

16:2018/06/27(水) 03:23:33.49 ID:

パリティビット優秀
17:2018/06/27(水) 03:31:23.87 ID:

トキオリアリティーとかも

 

引用元:

最新ニュース

エアグルーヴ についてまとめ

Amazonランキング

初公開日:2018年6月28日 @ 21:36

0

この記事にコメントをする

『競走能力は種牡馬よりも母馬からの影響が大きいと判明。父系が消えるかどうかは社台次第』のコメント一覧

更新通知
更新通知を受け取る »
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

カテゴリ

SNSでコメントする

0
この記事にコメントをするx
()
x

© 2021 うま速@競馬まとめ速報