うま速@競馬まとめブログ

No.1競馬まとめサイト! サクサク読める競馬の最新情報をまとめています。 馬券、一口、POGなど競馬に関するさまざまな話題を毎日更新!

投稿日: 0

競馬の話題 種牡馬・繁殖牝馬

【競馬】豪州の1歳セールにディープインパクト産駒3頭が上場

0
競馬最新ニュース

【競馬】豪州の1歳セールにディープインパクト産駒3頭が上場

1:2018/01/22(月) 11:50:03.18 ID:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000003-kiba-horse
3頭はいずれも豪州における最大手のアロウフィールドスタッドからの上場馬。
アロウフィールド所有の牝馬が日本に渡り、南半球の生産シーズンに合わせてディープインパクトが交配され
、受胎した後に帰国して、豪州で出産した産駒たちである。
世界に広がるディープ
2:2018/01/22(月) 12:07:34.52 ID:

これで億行ったら社台もう付けさせるなよ馬鹿らしい
3:2018/01/22(月) 12:09:00.28 ID:

ふ~んとしか言いようがない
活躍したらいいな
4:2018/01/22(月) 12:15:24.74 ID:

日本人に買われて日本調教馬になったら笑う
6:2018/01/22(月) 12:25:00.05 ID:

>>4
間違いなくそうなる

下手すると3頭とも

18:2018/01/22(月) 13:53:31.47 ID:

>>4
1億円平気で出すの日本人位やしなあ何のための南半球シーズン仕様なんだか
7:2018/01/22(月) 12:26:35.38 ID:

豪の最近のセールはクソ高いからコスパ考えたら日本人なんて買わないは
日本連れてきても半年遅れだし
8:2018/01/22(月) 12:27:19.34 ID:

これサンデーサイレンスもやってたんだよな
総帥と森禿がお買い上げしたけど
00 : 競馬最新ニュース

























 

9:2018/01/22(月) 12:27:44.18 ID:

総帥が買って英ダービー登録しそう
11:2018/01/22(月) 12:52:53.64 ID:

検疫の問題なんてとっくにでシャトル再開もしてるのに時代遅れだな
12:2018/01/22(月) 12:52:59.45 ID:

ヴリルだな
13:2018/01/22(月) 13:02:39.28 ID:

フランケルもいるしタピットもいるセールだな

 

14:2018/01/22(月) 13:05:03.62 ID:

種付け料と経費考えると3頭の合計が1.5億で元か
15:2018/01/22(月) 13:12:39.77 ID:

サクソンウォリアーみたいになってくれれば

16:2018/01/22(月) 13:22:56.48 ID:

バローズか達絵ちゃんが買いそう
あとはキーファーズ
17:2018/01/22(月) 13:28:17.88 ID:

オルフェ産は?
19:2018/01/22(月) 13:57:00.13 ID:

ロードカナロアで80万豪ドル出してたし、日本人位とかないけどな
20:2018/01/22(月) 14:00:48.71 ID:

まだ3ヶ月先の話か
種付け料+輸送費+育成費 1頭5000万なら生産者は損するね
21:2018/01/22(月) 14:04:08.30 ID:

お台に届かなければ自分達で走らせればいいだけ
22:2018/01/22(月) 14:12:25.39 ID:

このセリ、平均価格ですら35万豪ドルあるようなのだから売れれば超えるよ
23:2018/01/22(月) 14:22:49.30 ID:

ヴリル ヴリル ヴリル
24:2018/01/22(月) 14:29:27.66 ID:

ディープ産駒、2010年に15万豪ドルで岡田総帥に買われてるけど
そこから、どう評価が変わったか

 

 

『【競馬】豪州の1歳セールにディープインパクト産駒3頭が上場』のコメント一覧


コメントをどうぞ

『フランケル』Twitter検索

去年,森はハーツホーン予想の解決を比較的短い論文で報告した.今迄の方法とは一見全く異なる着想に基く,真の独創力の光輝に包まれたものであった.在来の常識にない不思議なまでのアイデアに満ちている.ハーツホーン予想はフランケル予想をも含む,代数幾何の微分幾何への仕返しである.(飯高茂)

中山記念 ソウルスターリング  引退レース。休養明けに走らない 調子崩したフランケルはきつい

ソウルスターリング 父フランケルは先週のモズアスコットと同じ父、血統の流れからは怖い1頭ですが、父フランケルは牝馬に関しては少し早熟に出る印象、ここで巻き返せるとすれば母父モンズーンの力としか言いようがないが、ノーザンダンサー4×5×5のスピードは悪くない。 2連続取消の意味が不気味。

フランケルの汎用性はまだまだ不明な点が多いけれど、モズアスコットの活躍は色々な示唆が含まれている。 今週はソウルスターリング。大幅な条件変更がないだけに一変は難しいと思えるものの、モズアスコットを見るとまだ何かあるんじゃないかと思わせてくれる

調べることピックアップ ・脊髄損傷ASIAとフランケルの分類及び予後 ・基本動作と筋電図 ・直腸脱の症状と対応 ・高次脳機能障害と対応

競馬ニュース

























SNSでコメントする

Copyright© うま速@競馬まとめブログ , 2020 All Rights Reserved.