うま速@競馬まとめブログ

No.1競馬まとめサイト! サクサク読める競馬の最新情報をまとめています。 馬券、一口、POGなど競馬に関するさまざまな話題を毎日更新!

競馬最新ニュース

投稿日:

ニュース 種牡馬・繁殖牝馬

【競馬】ディープインパクト産駒が最速1600勝

0
1:2018/04/22(日) 21:00:49.47 ID:

豪州移籍へカウントダウン
2:2018/04/22(日) 21:03:05.62 ID:

京都8レースでトウカイレーヌ(古川吉洋騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1600勝となった。これはJRA史上5頭目の記録となる。 

また、産駒初出走の日から数えて7年10ヶ月3日での1600勝達成は、サンデーサイレンス産駒の9年19日を上回る史上最速での達成となる。 

(JRA発表による) 

4:2018/04/22(日) 21:27:47.17 ID:

青葉賞楽しみ
5:2018/04/22(日) 21:30:03.74 ID:

ディープ産駒では珍しく本年度の代表産駒がダートのアンジュデジール
ディープインパクトはダートでも結果を残すような万能種牡馬に
6:2018/04/22(日) 21:32:38.24 ID:

うま速からのご連絡

相互リンク希望は随時受付中です❤

問い合わせからお願い致します📩

各記事、コメントありがとうございます👍

一緒に競馬を楽しんでいきましょう🐴

もしディープの種付け全部独り占めして自家生産馬主してたらもうかってたかな
牝馬50頭くらい買ってレースの賞金だけでやっていくとして
7:2018/04/22(日) 21:35:14.46 ID:

【東京未勝利】ディープインパクト産駒の良血ゼーゲンが経験馬相手にデビュー勝ち

父にディープインパクトを迎えた同馬は5月の遅生まれで、今後の成長が期待できそうだ。

8:2018/04/22(日) 21:35:54.99 ID:

今週は8勝か
よう勝つよな
9:2018/04/22(日) 21:38:08.33 ID:

【新緑賞】ディープインパクト産駒のグレートウォリアーが断然人気に応えて2勝目をマーク

「期待している馬だからね。しぶとい相手に開幕週で勝ち切ったのは力がある証し。コーナーの広い舞台で、気持ちよく走れたのも良かったと思う」とうなずいていた。続戦か休養か、今後は馬の様子を見ながら決められる。

10:2018/04/22(日) 21:40:18.43 ID:

ディープは3割3分、30本なんだよな。
11:2018/04/22(日) 21:41:31.71 ID:

欧州クラシックに挑むディープ産駒

今年の欧州クラシックの見どころは絶対王者ガリレオ産駒と、ディープインパクト産駒による優勝争いでしょう。
クラシックに挑む2頭のディープ産駒はともにアイルランドのA・オブライエン厩舎に所属
日本の皐月賞にあたる英2000ギニーには、日本生まれでデビューから3連勝でレーシングポストトロフィー(G1、芝1600メートル)を制したサクソンウォリアーがぶっつけで挑戦
桜花賞にあたる英1000ギニーにはデビュー2連勝後、昨年10月のフィリーズマイル(G1、芝1600メートル)で鼻差2着だったアイルランド生まれのセプテンバーが出走します。

12:2018/04/22(日) 21:44:17.85 ID:

豪州の生産業界は“ディープインパクトブーム” 女傑ウィンクスの母も交配予定

今、オーストラリアの生産業界はディープインパクトブームが巻き起こっている。例えば、先日25連勝を果たしたウィンクスの母ヴェガスショーガールは、豪州の生産シーズンに合わせて日本に渡り、ディープインパクトが交配されることになっている。

13:2018/04/22(日) 21:46:59.41 ID:

これだけ世界を虜にする日本の種牡馬は初めて。
日本はディープインパクト誕生でレベルが格段に上がって誇りに思わないと罰が当たるよ(笑)
14:2018/04/22(日) 22:02:45.30 ID:

もう1600勝かよ
オルフェ産駒が160勝するよりも早いな
15:2018/04/22(日) 22:04:04.11 ID:

数の暴力と言われればそこまで数打てる玉がある安定性は天晴れ。

 

『【競馬】ディープインパクト産駒が最速1600勝』のコメント一覧

コメントをどうぞ

『サクソンウォリアー』Twitter検索

サクソンウォリアー産駒が凱旋門賞を勝つ事を期待している!残された時間の少ないディープ産駒では厳しそう。

今日の勝利で海外G1を勝ったディープ産駒は、ビューティパーラー、ジェンティルドンナ、リアルインパクト、 エイシンヒカリ、リアルスティール、ヴィブロス、トーセンスターダム、サクソンウォリアー、 ステディオブマン、フィアースインパクトの10頭になりましたか

ディープインパクト産駒の国外調教馬、GI勝ち最長距離は、スタディオブマンの2100M。日本で2400M以上の勝ち馬が複数いても、海外の馬場になると、マイル近辺の活躍馬が増えるのは興味深い。しかしサクソンウォリアーを2400で使い、オブライエン師が「判断ミス」と自省したほど。微妙な差とは思いますが

サクソンウォリアーがイギリスで最高峰のレースを優勝って言ってたけどこれだとエプソムダービーだと思うよな。ところが2000ギニーなんで格だけでいえばそうなんだがちょっとなNHKも盛るか。

何かディープくん、国内には牝系しか残さず滅びそうでいろいろ怖い。サクソンウォリアーくん頑張って働いて。

競馬ニュース




















SNSでコメントする

Copyright© うま速@競馬まとめブログ , 2019 All Rights Reserved.