中長距離 ニュース

【競馬】エピファネイア引退。'14JCなどGⅠ2勝

投稿日:

左前繋靱帯(じんたい)炎を発症し、休養中だったG1・2勝馬エピファネイア(牡5・角居)が引退することが30日、馬主であるキャロットクラブの公式HPで発表された。

同馬は日米オークス馬シーザリオの子どもとして、12年10月にデビュー。
13年の菊花賞優勝など三冠競走では全て連対する実力を見せていた。
翌14年
にはジャパンCで4馬身差圧勝が評価され、IFHA(国際競馬統括機関連盟)が発表するロンジンワールドベストレースホースランキングで2位にランクイン。
今年はドバイWC(9着)に参戦し、宝塚記念で帰国初戦を迎えるはずだったが、1週前追い切り後に左前繋靱帯(じんたい)炎を発症。
今秋の凱旋門賞挑戦を断念し、復帰への道を模索していたが、今週になってノーザンファームの獣医師等による診察の結果、現役続行を断念することになった。
今後は社台スタリオンで種牡馬として、その血を次世代につないでいく予定だ。

同HP上で角居師は「繋靱帯(じんたい)の傷みというのは、どうしても時間がかかる病です。また、治癒したとしても再発の可能性が高く、その後の経過を考えても無理に復帰を考えることがベストとは思いません。我々にとってもゆかりの血統であるだけに思い入れは深く、非常に無念ではありますが、この後はシーザリオの血統をさらに広げていくという重大な使命もあります。
私も、いつかエピファネイアの子供たちに携われる日を楽しみにしていますし、自身を超えるような馬を世に送り出してもらいたいと願っています」とコメントしている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

SNSでシェアする

-中長距離, ニュース
-, , , , , , , , ,

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(競馬)へ

ランキング1位のうま速です

スポンサーリンク

Copyright© うま速@競馬2chまとめブログ , 2017 AllRights Reserved.